不安な個人・立ちすくむ国家

日本の経済産業省の若手達が作成したレポートが話題になってました。

 歴史上、どの国も経験した事がない、高齢化が進んでいる日本の国家と個人はどのような未来を迎えようとしているのか?

 これまでの歩みと現状を的確に分析しています。

 類似した書籍に、エコノミストの「2050年の世界」があります。

 これは、経済面から見た、2050年の世界を描いています。

 また、ジョージ・フリードマンの「100年予測」も興味深い書籍でした。

 これは、アメリカから見た、地政学を基にした記述になってます。

 上記の2冊とも、大作ですが、経済産業省の若手達が作成したレポートは、表も多く、短時間で読めます。

 下記のWebsiteご参照ください。