CISMA 2017 Shanghai 

IMG_6221.JPG

9月26日から29日まで開催のCISAM(上海縫製機械展示会)を久しぶりに訪問しました。

【全体の感想】

 ①展示会場の規模が以前より小さくなったような気がしました。

  =中国での縫製産業の縮小が進んでいるのではないか?と思いました。

 ②海外からの訪問客が増えていました。

  =日本や東南アジアでの縫製機械の展示会が規模縮小の為に、CISMAのみに出展している企業を見る為に海外からの訪問客が増えているのではないか?と思いました。

【メーカーについて】

 ①JUKI  年初にDDL9000Cを見た際の衝撃は、1)自動糸切りミシン2)EATONハンガーシステムを初めて見た衝撃に近い物がありました。

      私の業界歴40年で3つ目の大事件でした。

      今後、このようなICを内蔵したミシンが縫製工場の主力となるでしょう。

      言い換えれば、これを使いこなせないと縫製工場は競争に勝ちぬけないと思いました。

      今回のCISMAでは、中国メーカーの多くが類似商品を出展していました。

 ②ドイツの老舗メーカー(デュルコップ、パフ、アドラー)等を傘下に治めた上工がもっとも広いブースを確保してました。

  中国が得意なIC関係+老舗が得意なハードで相乗効果が出る事を期待しています。

 ③過去に多かったハンガーシステムの展示は少なくなっていました。

  =利用方法が判らずに導入して、失敗に終わっているケースが多いのではないか?と思いました。

   もったいない話です。

   小ロット多品種の生産にこれほど適しているシステムはないと思いますが、、、

 ④CAMは、淘汰が進んでいるように思います。

   欧米の老舗メーカー  高価ですが、カッティングスピードの差別化や柄対応など次々アイデアを出して来ています。

   後発メーカー(日系含む) 低価ですが、何のためにCAMを導入するか?の目的を明確にしないと導入失敗に終わる例が多発すると思いました。

 ⑤アイロンメーカー

   ドイツの老舗メーカーは広いブースを使ってました。

   中国の有名ブランドは、いつの間にか、アイロンから、自動機械を主力産品に変えていました。

 ⑥その他

   台湾のGolden Wheel 、日本のブラザー等 頑張ってました。

 衣食住の最初に位置する「衣」の産業ですから、今後も世界的には発展していくと思います。

 繰り返しになりますが、DDL9000C形式のミシンが今後縫製工場の主力になる事を位置付けた展示会でした。

【参考】

 JUKI9000Cに関しては、Websiteに動画がありますのでご参照ください。

IMG_6306.JPG
IMG_6242-1.jpeg
IMG_6232.JPG
IMG_6223.JPG