HAI (Human Assets Index)人的資源指標

know how red.jpg

The HAI (Human Assets Index) is a measure that is used to track a country's development index from an LDC (Least Developed Country) to a Developing Country.

It may be seen that as a country transitions out of LDC status, lower skilled jobs such as are often the case in the garment sector, will become less attractive to that country's people as their expectation of higher income employment rises in other sectors.

In the 4 graphs below, we compare Bangladesh, Cambodia, Myanmar, and Ethiopia. 

後発開発途上国(こうはつかいはつとじょうこく、英: Least developed country、略語:LDC)とは、国際連合(国連)が定めた世界の国の社会的・経済的な分類の一つで、開発途上国の中でも特に開発が遅れている国々のことである。国連が2009年に定めた後発開発途上国と認定するための3つの基準は下記の通り[1][2]。

  • 所得水準が低いこと。すなわち、一人当たりの国民総所得(GNI)の3年平均推定値が992米ドル以下であること。

  • 人的資源に乏しいこと。すなわち、HAI(Human Assets Index)と呼ばれる指標が一定値以下であること。HAIは、カロリー摂取量、健康に関する指標、識字率に基づく。
  • 経済的に脆弱であること。すなわち、外的ショックに対する経済的脆弱性を表すEVI(Economic Vulnerability Index)と呼ばれる指標の値が一定以下であること。EVIは以下の下位指標に基づく。農産物の生産量がどの程度安定しているか、商品とサービスの輸出がどの程度安定しているか、GDPに反映される製造業、サービス業の活動が全経済活動に対してどの程度の比率を占めるか、人口の対数によって算出される該当国の国内市場の規模、天災によって影響を受ける人口の割合、である。

Japanese definition from Wikipedia (Japanese)

Data from UN.